2011/05/31

高級ワイン指数 年リターン Fine Wine Index Liv-ex


Liv-ex Fine Wine 指数


Index Summary: 31 May 2011

 Index

 Level MOM YTD1yr 5yr

Liv-ex Fine Wine 50

 439 -0.0% 9.4%31.4% 240.6%

Liv-ex Fine Wine 100

 359 -0.0%  6.7%21.2% 153.8%

Liv-ex Claret Chip

 444 0.1% 7.2%25.0% 199.4%

Liv-ex Fine Wine Investables

 365 0.3% 9.3%26.1% 173.0%

Liv-ex Fine Wine 500

 287 2.4% 11.7%26.3% 134.1%

2011/05/28

ワイン投資 Money Observer : Surging Asian demand for tangible assets

Money Observer : Surging Asian demand for tangible assets

投資適格クラスのワインへの需要は極めて高水準を維持している。Liv-exファイン・ワイン投資適格指数は、2010年に約20%上昇、今年も好調で3月単月でも3.1%上げている。

1998年に導入されいて以降、同指数は約4倍となり、ここ10年間で毎年約7%の年間リターンを挙げている。



一部の専門家は、こうした長期にわたる高いリターンは、シャトー・ラフィットに負う部分が大きいと説明している。ラフィット価格は、特に昨年、アジア勢の買いに大きく上昇していたが、今は落ち着きを取り戻している。

一方、ラフィットの落ち着きとは逆に、オーブリオンやムートン・ロートシールドなどは、今年1月単月で9%も上昇している。

オークション市場は、こうした優良ワインの動向を適格に反映している。世界最大のワイン・オークション会社、Acker Merrall & Condit は、香港での落札額がニューヨークを上回ったとしている。

中国勢の需要は、2008年から活発化した。この年、香港では、輸入酒税が撤廃されている。人民元が、米ドルや英ポンドに対して上昇していることも、ワイン需要を支える一因になっている。



61 Latour 落札価格 BBC : Bottle of Bordeaux wine sells for £135,000 at Christie's

BBC : Bottle of Bordeaux wine sells for £135,000 at Christie's

ロンドンでのオークションで、1961年ビンテージのシャトー・ラトゥールが13万5000ポンド(約1800万円)で落札された。

クリスティーズが開催したオークションで、中国人が6リットル・ボトルのラトゥールを落札したもので、事前予想価格の3倍だという。

2011/05/23

45年ロマネ 史上最高落札額 Decanter: Christie's 'record' for Burgundy bottle

Decanter: Christie's 'record' for Burgundy bottle

クリスティーズの5月17日のワイン・オークションで世界最高記録が樹立された。

ジュネーブで開催されたオークションで、1945年ビンテージのドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(D.R.C.)1本が12万3889ドル(約1020万円)で落札された。落札したのは、米国の個人だという。

ほかには、1982年ビンテージのシャトー・ラフィット・ロートシールド(12本)が6万7813ドル(同570万円)、1999年のロマネコンティ(6本)が8万4766ドル(696万円)。

2011/05/06

2010 パーカーポイント drink business : 2010 offers fewer potential 100-pointers than 09

drink business : 2010 offers fewer potential 100-pointers than 09

著名なワイン批評家、ロバート・パーカー氏は、2010年ビンテージの評価ポイントを公表、著名ワインの中では、2009年と比較して100点満点を獲得する本数は少ない見込み。

同氏は、「2009年とともに、極めて素晴らしいボルドー・ビンテージが出来上がったということは、避けられない事実だ。この事実を悲劇的なことと捉えるか、あるいは神秘的なこととして理解するか、その判断は個人に委ねるとして、2005年、2009年と2010年は、自身のキャリアのなかで飲んだボルドーの中でも3本指に入る」とした。

今回パーカー氏は、100点の可能性があるシャトーを10本指名しており、5つの1級シャトーのうち4シャトーを挙げている。しかしながら、2009年ビンテージで100点を与えたシャトーの中でも、今回、落ちているものもある。

この100点を付与されたなかったものには、シャトー・マルゴー(96-98)、昨年話題となったシャトー・コス・デストゥネル(95-97)、レオヴィル・ラス・カーズ(95-98)、レオヴィル・ポワフェレ(95-98)、クリネ(95-98)、レヴァンジュル(96-98)、ランジェリス(94-96+)やパヴィ(95-98+)など。

Liv-exのブログ・レポートによれば、多くが絶賛しているシャトー・マルゴーに、パーカー氏が今回100点を与えなかったのは、明らかに不可解だという。

一方で、同氏は、2009年に96点にとどまっていた1級シャトーのオー・ブリオンとムートン・ロートシールドを98-100点とした。ほかに、98-100点とされているのは、ラフィット、ラトゥールとペトリウス。