2011/09/23

中国 世界最大のボルドーワイン輸入国 Global Times : Bordeaux boom in China

Global Times : Bordeaux boom in China

フランスのボルドーワイン生産者団体、CIVBボルドー・ワイン・カウンシルによれば、中国本土が世界最大のボルドーワイン輸入国となったと発表した。

中国本土の2010年7月から2011年6月までの輸入は、価格ベースで34%増、量ベースでは23%増となった。

輸入量の拡大の一因は、有名なシャトーからのワインがあるが、もっとも大きな部分は、ボトルあたり4.5ユーロ以下の無名なシャトーで、輸入業の3分の2を占めるという。

香港を除く中国での成長ペースは顕著で、前年度から85%増の31万4000リットル、金額にして2億3100万ユーロとなり、ドイツを抜いてトップとなった。

香港は、量ベースでは同71%増の9万リットル、金額ベースでは3億2600万ユーロと世界1位の座を守った。

2011/09/19

香港のオークションでロマネコンティ史上最高値を更新 Bloomberg : Romanee-Conti 1990 Burgundy Fetches Record $297,400 at Auction

Bloomberg : Romanee-Conti 1990 Burgundy Fetches Record $297,400 at Auction

米オークションハウス、アッカー・メラル&コンディットによれば、1990年ビンテージの、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)1ケースが史上最高の29万7000ドル(約2270万円)で落札された。

落札者は、香港のコレクターで電話を通じて応札していた。今回の2日間のオークションでは、400人程度のバイヤーを集め、落札総額は9187万香港ドル(約9億円)に達した。

同じような1990年DRCは、9月8日のロンドンのオークションで1ケース(12本)は20万1900ドル(1543万円)で落札されていた。

また1988年ビンテージのDRCが117万香港ドル(1150万円)で、1990年ビンテージのヴォーヌ・ロマネ クロ・パラントゥ・アンリ・ジャイエが17万3200香港ドル(170万円)と、どちらも史上最高を岐路した。

ほかでは1961年のラ・メゾン・オーブリオンが46万3600香港ドル(454万円)、類似ビンテージは、8月9日のニューヨークのオークションでは3万6000米ドル(275万)で落札されており、これと比較すると、すでに40%も価格が上昇している。

2011/09/16

香港が世界最大のワイン・オークション市場に Alternative Outlook

Alternative Outlook


アッカー・メラル&コンディットによれば、アジア地域でのワイン需要の高まりにより、香港は世界最大のオークション市場となり、投資市場として魅力が高まっている。


欧州勢は、ワイン投資を減らしている。M&Aインターナショナルは、これを、ワインの趣向が変わってきていることに加え、景気が減退していることもあると説明している。一方で、アジアのワイン需要は高まっており、ワイン業界全体の成長を支えている。


実際、これまで世界最大のオークション市場であったニューヨークを抜き、2008年に酒税が撤廃されたことで、香港は世界最大のオークション市場となった。香港でのワイン需要の高まりの大部分は、消費よりも投資に依るとことが大きい。ほかの市場との相関性が薄い資産を求める投資家にとって、投資ポートフォリオにワインを加えることは、普通になってきている。


アッカー・メラルの最高経営責任者(CEO)、ジョン・カポーン氏は、一部にはワインが流動性が高い資産と考えられており、資産としての売却が容易で、可能だとしている。「金融危機の際にも、(ワインの)価格の下落は、20~30%にとどまり、半年後には、完全に元の水準に回復している」と述べた。S&P500指数が売り込まれた幅は、ワインの2倍に達しており、2007年水準を依然として回復していない。ワインは価格は、嗜好品として実際に消費される実需があることで、比較的安定していると言える。


今年のこれまでの香港のワイン販売額は、2億3200万ドルに達している。これには、9月初旬のオークションで落札された760万ドルのラフィット300本が含まれており、オークション市場では、景気低迷からの悪影響がさほどないことを示している。アッカー・メラルは、9月16日と17日に香港では16回目となるオークションを開催、959ロット、落札額は、1000万ドルを超えた。

2011/09/10

Top5 Performing Wines Liv-ex

Top5 Performing Wines  Liv-ex 


Top 5 Performing WinesPerformanceValue
RegWineVinSizeQtyCurrent3m12mTotal%
bdxrCarruades Lafite200412x75cl103,950+0%+58%39,5008.4%
bgnrDRC, Tache199612x75cl120,000+19.8%+51.5%20,0004.2%
bdxrPichon Baron199012x75cl42,450+4.3%+36.1%9,8002.1%
bdxrPetrus20016x75cl28,500+11.1%+34.9%17,0003.6%
bdxrLafite Rothschild198212x75cl244,000+3.9%+22.2%88,00018.7%

2011/09/08

Liv-ex Wine vs Stock, Gold


Indices
Level
MOM
YTD
1yr
5yr
415
-4.4%
3.6%
20.2%
175.6%
345
-4.0%
2.5%
13.5%
109.8%
420
-4.9%
1.5%
14.8%
139.9%
352
-3.7%
5.3%
17.9%
132.7%
FTSE 100
5,395
-7.2%
-8.6%
3.3%
-8.7%
S&P 500
1,219
-5.7%
-3.1%
16.2%
-6.5%
Gold
1125
13.6%
23.6%
38.4%
241.9%

2011/09/05

オルタナティブ投資としてのワイン Release Wire : Investors Look to Wine and Art, Says AAA

Release Wire :   Investors Look to Wine and Art, Says AAA

オルタナティブ・アセット・マネージメント(AAA)は、長期化する株式市場低迷ににより投資家が、通常とは異なる商品に目を向けている傾向についての見方を発表、アナリストアンソニー・ジョンソン氏は、「株式市場が底割れするような事態に陥った場合に備えて、消滅するようなことがない資産に資金を振り向ける傾向が示されている」と評した。

同氏はさらに、「個人も機関投資家も、最近ではリスク低減を求めており、分散投資が求めてられている。そうした中で、金(ゴールド)などの伝統的な購入可能な投資先として『通常とは異なる』資産に目を向ける動きが加速している」と述べた。

オルタナティブ投資先として注目を集めているのが、芸術作品で、個別の芸術作品市場は最高水準に成長している。アート・ファンドも拡大している。しかしながら、こうした一部の人気のアート・ファンドの制定投資額は、高水準に設定される傾向が高く、概ね数十万ドル単位となっている。

比較的低価格で投資できるのが、ワインで、魅力的だ。トップクラスでのワインでも、安いところでは、ケースあたり1600ドルクラスのものもある。

モーニングスターの統計によれば、2005年に3万2600ドルのワイン投資は、現在では11万4200ドルにまで達している。株式市場のリターンは、同期間でわずか2.9%増に過ぎない。

ジョンソン氏は、「こうした統計をみれば、オルタナティブ投資は、今日では大きなリターンを獲得できる投資先だと言える。株式市場が不安定さを増すほど、こうしたオルタナティブ資産の価値は、より大きく上昇する」と述べた。

香港ワインオークション CHRISTIE'S Ch Lafite 2008 落札価格 Finest and Rarest Wines Featuring a Spectacular Lafite Vertical

落札価格
CHRISTIE'S Finest and Rarest Wines Featuring a Spectacular Lafite Vertical

2008 年 Ch Lafite 瓶詰後の落札価格  12 bottles
事前予想 HK$ 110,000 - HK$ 180,000
落札価格:HK$ 138,000 (GBP 10,925)
リリース価格;GBP 1,470(HK$ 18,566)
これまでの最高値:GBP 14,035 、最安値 GBP 8,500(HK$107,354)

Musigny Georges de Vogae 1961    3 bottles
事前予想 HK$ 35,000 - HK$ 45,000
落札価格:HK$ 48,000 (GBP 3,800)

2011/09/03

香港ボルドー品評会 11月 drink business: Parker’s Winefuture “Magical 20” announced

drink business: Parker’s Winefuture “Magical 20” announced

著名なワイン批評家、ロバート・パーカー氏は、11月8日の「ワインフューチャー2011香港」で、ボルドー20種の品評会を行う。

この20種は、「マジカル20」と評され、同氏が近い将来において「注目に値」するワインとしている。同氏は、「制度上からすれば第一級ではないが、同等クラスのシャトーを(今回の品評会に)選び出した。(今回選出したシャトーは)過小評価されており、あらたな一品だと言える」とした。

今回の対象となるのは2009年ビンテージで、最高級の味とされており、瓶詰めされてから最初のテースティングとなる。





以下は、今回の対象となるワイン
1. Ch. Cos D’Estournel,
2. Ch. Pontet Canet,
3. Ch. Pichon Lalande,
4. Ch. Leoville Poyferre,
5. Ch. Leoville Las Cases,
6. Ch. Palmer,
7. Ch. Malescot St.Exupéry,
8. Ch. Pape Clement,
9. Ch. Haut Bailly,
10. Ch. Angelus,
11.Ch. Trotanoy,
12. Ch. La Conseillante,
13. Ch. Pichon Baron,
14. Ch. Lynch-Bages,
15. Ch. Smith Haut Lafitte,
16. Ch. La Fleur-Petrus,
17. Ch. Clos Fourtet,
18.Ch. Rauzan-Ségla,
19.Ch. Brane-Cantenac,
20. Ch. Le Gay


2011/09/02

9月のワインオークション PR Web: WineGavel Announces September 2011 Live Fine and Rare Wine Auction

PR Web: WineGavel Announces September 2011 Live Fine and Rare Wine Auction

米ワインガベルは、9月22日にサンフランシスコで高級希少ワインのオークションを行う。

同社のジェンス・オルトン氏は、「50万ドル超との落札価格は、予想の最低限だ。出展されるなかには、1995年ラフィットのダブルマグナム、1995年ペトリュースのインペリアル・ボトル、2000年ラトゥールとマルゴーのオリジナルケース、さらに、1989年ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(D.R.C.)のオリジナル詰め合わせケースが含まれている。高級ワイン以外でも19世紀のマデイラ(ポルトガル)産のワインや60年代や70年代のビンテージ・シャンパンが出展される予定。

高級希少ワインの需要は、引き続き高い。ワインガベルの最高経営責任者(CEO)、ジャシュワ・クルメノール氏は、「高級希少ワインの需要は、極めて高く、アジア勢ばかりでなく、欧米でも人気が高い」と述べた