2012/12/22

12年のプリムール戦略 Bloomberg : Bordeaux 2012 Prices Seen Resisting Pressure for Cuts

Bloomberg : Bordeaux 2012 Prices Seen Resisting Pressure for Cuts

ボルドーのワイナリーは、2012年ビンテージのプリムール価格は、投機的な需要も減退しているなかでも、英米業者からの値下げ要求を刎ねつけることが可能だと見ている。

天候がぶどう生育には適切なものに良化したことで、来年春に業者向けに売り出されるプリムールの見通しは改善している。ロンドンのテースティングで調査したワイン生産者は、2012年プリムールが2011年の水準前後で落ち着くと見ている。しかしながら、2009年ビンテージの高品質さに裏打ちされた、さらには2010年ビンテージのピーク時価格には及ばない。

2011年プリムール価格は、半年前の売り出し時に、それまでの2年との品質の違いの比較から40%も引き下げされた。同時に、アジアからの投機的な買いも減退していた。ワイン製造業者は、2012年ビンテージのボリュームが低水準にあることで、12年プリムール価格が安定し、2011年と同水準になると見込んでいる。

サンエステェファンのセカンド、シャトー・モンローズのマネージング・ディレクター、アーブ・ベルランド氏は、「2012年プリムール価格は、2011年の価格圏内となるだろう。世界の景気は、さほど良くはない。(12年プリムール価格が)大きく上昇することは見込んでいない」と述べた。

春期に通年よりも低温で多雨であったことで、ぶどうの開花時期が遅れ、8月から9月中旬までは高温、かつ雨量不足であったことで、ぶどうの実は回復、十分な熟成が出来たという。9月には雨が続いたが、優良シャトーは、この雨の前に収穫を済ませたという。

2012/12/21

12年サザビーズ ワインオークション Bloomberg : Sotheby’s 2012 Wine Auction Sales Plunge 25 Percent

Bloomberg : Sotheby’s 2012 Wine Auction Sales Plunge 25 Percent

2012年のサザビーズの世界でのワイン・オークション総額は、世界的な不況を反映して前年比25%減少した。

売上は6450万ドル、サザビーズは4930万ドルから6710万ドルと事前予想を示していた。


地域別では香港が最高の2700万ドル、世界全体の42%を占めている。しかしながら、2011年の4470万ドルと比較すると、約40%の減少。


2011年の世界全体での売上は8550万ドル、2010年は8830万ドル。

2012/12/20

ワイン投資戦略 REUTERS: Time to buy Bordeaux, sell Burgundy (and drink the rest)

REUTERS: Time to buy Bordeaux, sell Burgundy (and drink the rest)

長期的にはワインが株式投資を上回るリターンが期待できるとのあらたな経済調査が明らかにされたことを受けて、ワイン専門家は、ブルゴーニュを売却し、ボルドーを購入するよう勧めている。

ワインを投資として語る場合には、ファースト・グロースのボルドー・ワインを意味しており、すなわち、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)などの5大シャトー、一部のイタリア、カリフォルニアとオーストラリア産のワイン。

今年のボルドー優良ワイン価格は、前年比で約35%下げている。Li-Ex指数は、ファースト・グロースの10ビンテージの価格が、平均で33.9%下げているとした。11月には、人気が高い05年ビンテージのワイン価格が5年ぶりの安値となっていた。

ハート・デービス・ハートのポール・ハート氏は、オーブリオン、マルゴー、ムートン・ロートシールド、ラトゥールとラフィット・ロートシールドの5大ワイン価格は、底値を確認して上昇に転じつつあるとの見方を示している。

クリスティーズでワイン責任者を務めた経験のあるチャールズ・カーティス氏は、「基本的には、ブルゴーニュを売って、ボルドーを買うことだ。ボルドーは、5年前と同じ価格水準にある。ブルゴーニュは、5年前の価格水準を上回ったことが一度もない」と説明した。

そのうえでカーティス氏は、「トップのブルゴーニュ(産ワイン)は、天井圏、あるいはすでに天井を過ぎた可能性がある。ボルドーの価格は、魅力を増しつつあり、元の勢いを取り戻しつつあるようだ」とした。

アッカーのワインオークション売上 BARRON'S : Acker Merrall Number One in Wine Auction Market Again in 2012

BARRON'S : Acker Merrall Number One in Wine Auction Market Again in 2012


アッカー・メラルの12年のワイン・オークション売上、連続で世界1位の8000万ドル超え

アッカー・メラル&コンディットは、2012年も前年から引き続き世界最大のワイン・オークション・ハウスの地位を確保、世界全体で8330万ドルを売上げた。これには、チャリティー・オークションでの落札は含まれていない。

また、香港でも世界最大の地位を確保しており、第2位を27%ポイントも上回っている。

以下は、今年のトップ10ランキング。
1. DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)の年代別(97年、98年、99年、2000年、01年、04年、05年、06年)コレクション:35万3231ドル(約3000万円)
2. 1945年シャトー・ムートン・ローとシールド(12本):21万4256(同1800万円)
3. 1947年シャトー・シバルブラン(12本):18万4500ドル(同1550万円)
4. 1990年ロマネ・コンティ(12本):18万4500ドル(同1550万円)
5. 1985年ロマネ・コンティ(12本):18万3000ドル(同1540万円)
6. 1900年ロマネ・コンティ(12本):17万0800ドル(同1440万円)
7. 1985年ロマネ・コンティ(12本):14万6400ドル(同1230万円)
8. 1988年ロマネ・コンティ(12本):12万9150ドル(同1090万円)
9. 1945年シャトー・ラトゥール(12本):11万6850ドル(同980万円)
10. 2004年ロマネ・コンティ(12本):11万700ドル(同930万円)

2012/12/19

12年のシャトー・デュケム Decanter : Chateau d'Yquem will not make 2012 vintage

Decanter : Chateau d'Yquem will not make 2012 vintage

シャトー・デュケムは、2012年ビンテージを製造しないことを決定した。これは、収穫後の味覚テストで満足の行く結果が出なかったためという。

LVMHが運営する同ワイナリーは、「2012年ビンテージのシャトー・デュケムは製造しない」と述べた。製造を断念するのは、ここ20年で初という。

同シャトーの広報担当者、ヴァレリー・ライヘーグ氏は、「極めて困難な決断ではあったが、収穫後のテイスティングで、デュケムの名前を記す品質には至っていないことが確認された」と述べた。

2012/12/09

1945 Ch Mouton Rothschild 14万7000ドルで落札

Bloomberg : Mouton Leads Sotheby's New York Sale With Romanee-Conti

1945年ビンテージのシャトー・ムートン・ロートシールド、1ケースがニューヨークのサザビーズのオークションで、14万7000ドル(約1200万円)で落札された。

また、1995年ロマネ・コンティ(DRC)は、7万9625ドル(同660万円)で、1996年ビンテージは7万3500ドル(同605万円)で、1990年DRCラターシュは6万7375ドル(同550万)で、それぞれ落札された。

2012/11/30

英ワイン投資会社が経営破綻 The Telegraph : Wine investment company fails

The Telegraph : Wine investment company fails

英ワイン投資会社で数万人の顧客を抱えるヴィナンスは、経営破たんに陥った。

管財人のヘロン・フィッシャー氏によれば、投資家の一部は、保税倉庫に預けているか、あるいは自分でワインを保有しており、また、一部はまだワインの実物を受け取っていないことから、実害を受けていない投資家もいるという。

同社が経営破たんしたのは、ワイン価格の長期にわたる下落が要因。一部のワインは最大で35%下げている。

2012/11/28

ボルドーワイン価格 Decanter : Bordeaux prices 'stabilising': analysts

Decanter : Bordeaux prices 'stabilising': analysts

ボルドーのファースト・クラスのワイン価格は、ラフィットやオーブリオンの底値拾いの動きなどもあり、安定的に推移している。

アナリストが指摘したもので、12カ月ベースでみた場合のLiv-ex指数では、一時期、高級ワインでは35%も価格下げがあったことを受けての「調整」の動きもあり、安定化しつつあるという。

Liv-exのジャック・ヒバード市は、「ボルドーの高級ワイン価格は、ここ3~4カ月、横ばいとなっている」と述べた。

一時期、価格が下落したことで、逆に高級ボルボー・ワインの需要が逆に高まったこともあるが、大きな上昇は見られない。同氏は、「ラフィットに限っていえば、2009年ビンテージは、依然として需要が高い」と述べた。

2012/11/23

香港のワインセラー Kerry Warehouse 見学

Kerry Warehouse は香港では Crown Cellar と並ぶくらいワインセラーでは知られています。
今回は、ボルドーインデックス社のスタッフと一緒にセラーを見学してきました。

高級ワインが多いため、見学には事前にパスポート番号を申請しておかなければなりません。

 入口は顔認証(網膜認証)もあり厳重
  




 

2012/11/04

ワイン価格 生産減少で上昇の可能性も Mirror Money:Wine prices set to rocket after bad weather hits grape harvests

Mirror Money:Wine prices set to rocket after bad weather hits grape harvests


ワイン価格は、今年のぶどう生産が壊滅的な打撃を受けたことにより、来年に影響が生じる可能性がある。

専門家団体は、今年のワイン生産量が過去30年以上もの期間で最悪になるとの見通しを公表している。この生産量減少は、供給量の低下につながり、結果、価格上昇につながる可能性がある。

専門家は、生産大国であるフランスに取って代わり、イタリアが浮上するとみている。

12年ワインの出来映えと投資戦略 Independent : What can we expect from the 2012 wine harvest?


Independent: What can we expect from the 2012 wine harvest?

インターナショナル・オーガニゼーション・オブ・ヴァイン・アンド・ワイン(OIV)によれば、今年の世界のワイン生産量は、フランスとアルゼンチンでの悪天候により37年来の低水準となる見通しを公表しており、一部では動揺が広がっている。

一方で、この状況を投資機会だと見ている向きもある。ワイン生産が減少したとしても、ワインの質が維持できていれば、収益の機会があると言える。ワイン投資市場は、ボルドーとフランス産ワイン中心に展開しており、フランスの生産は今年、打撃を受けている。フランスの生産量は今年、前年比19%減の4050万リットルとなると見込まれており、イタリアの同3.4%減と比較して、影響は顕著だ。


なぜ、これが投資の機会と言えるのか?ワイン投資は、消費が多ければ、妙味が増すことは事実だ。言い換えると、経済原則に則っている。ここ重要なポイントは、ワインの質だ。質が高く在庫が低ければ、高い投資リターンが期待できる。難しいポイントは、ワインの出来栄えを予測することにある。


昨年の悪天候をなんとか乗り切ったがボルドーの大型シャトーでは、今年の生産について慎重な見方を維持している。こうしたシャトーでは、ことしのぶどうについて、形は良く、皮が厚く、健全で熟していると評価しているが、最低限の生産量を確保したとしている。一部では、アルコール含有量がほどよく、今年の出来栄えはフルーティーな風味が少なく、ソフトでタンニン風味が含まれたものになるとのうわさがある。


どのシャトーが悪影響を受けたのかを予見するのは容易ではない。すでに、メドック北部のシャトー・ウォルタン・デュキュースは、2012年ワイン製造を断念したと公表している。ワインの質を維持するための最小限の要件に満ちていないと理由を公表しているが、これが近隣のシャトーに影響するものではないと明言している。一方で、ボルドーのシャトーは、コストの増加に直面していることは事実で、ぶどうの早期刈り取りに労働者を雇い入れる必要性に迫られていた。白かびの問題は、農薬散布を増加することにつながり、特にオーガニック(無農薬)系の生産を売りにしているシャトーには問題となっている。


さらに収穫期末にかけて、フランスでの供給懸念が事前予想よりも悪化していることも明らかになった。夏季の熱波の影響が、特に若年層のぶどうに表面化し、9月末には1カ月相当の雨量があったことで一部では回復の兆候もみられた。


シャトー・ウォルタン・デュキュースの生産中止やぶどう生産が低減する兆候が見られることで、2012年のワイン生産は不確定要素が多い。


来年4月のテースティングで、今年のワインの出来栄えが期待ほどでなかった場合、プリムール投資は、失敗となる危険性もある。これまでのところ、2012年ビンテージのワインは、投資リターンが期待できる出来栄えとなっていると認識されている。2009年ビンテージが樽から移され瓶詰されており、近年では最高の部類の評価を得ており、ロバート・パーカー氏は、19のワインに100点を付けている。2012年ビンテージの出来栄えは不明な要素が多く、慎重な姿勢が求められる。



2012/11/01

12年ワインの生産量 37年ぶりの低水準 Bloomberg : World Wine Output to Fall to 37-Year Low, Depleting Stocks

Bloomberg : World Wine Output to Fall to 37-Year Low, Depleting Stocks


インターナショナル・オーガニゼーション・オブ・ヴァイン・アンド・ワイン(OIV)によれば、今年の世界のワイン生産量は、フランスとアルゼンチンでの悪天候により37年来の低水準となる見通し。

生産量は、約2億4820万リットルとなり、前年の2億6420万リットルから減少するという。これは1975年以来の低水準という。

2012/08/04

中国投資家とペトリュス JIN Daily : Chinese Wine Collectors Turning To Pétrus

JIN Daily : Chinese Wine Collectors Turning To Pétrus

中国のワイン収集家は、シャトー・ラフィット・ロートシールドやロマネ・コンティ(DRC)など最高級のフランス産赤ワインだけに注目してきた傾向が強いが、イタリア産やカリフォルニア産、または白ワインにも目を向けるようになってきた。

そうした中で特に注目されているのが、シャトー・ペトリウスだ。ペトリウスは、生産量が限られていることや、値段をコントロールしていることで、香港ワイン市場では、「キング」の地位を確立しつつある。実際、6月の「高級希少ワイン」オークションで落札された半数以上が、ペトリウスとなっている。

これはすなわち、中国の投資家にとっては、ペトリウスがラフィットに取って代わっていることを示す。


<MEMO>

Liv-ex : Petrus the king?   

2012/08/03

米ワイン・オークションハウス 上半期の落札が史上最高 Decanter : US auction scene 'resurgent', says Acker

Decanter : US auction scene 'resurgent', says Acker 

米大手オークション・ハウス、アッカー・メラル&コンディットによれば、今年上半期の米国内のオークションは活気を取り戻している。上半期の落札額は4600万ドルと史上最高を記録、同社によれば、ほかのオークション・ハウスの落札額を32%上回るという。

上半期に同社が開催したオークションでは、537本の史上最高記録が高伸され、そのうち約半数はブルゴーニュ、29本はロマネ・コンティだという。

2012/07/05

上半期のワイン・オークション落札額 Bloomberg:Lafite Slide Crimps Sales 25%, China Turning to Burgundy

Bloomberg:Lafite Slide Crimps Sales 25%, China Turning to Burgundy 

今年上半期の世界5大オークションハウスのワイン入札額は、前年同期比約25%減少の1億6000万ドルとなった。これは、最高級ワインの価格が低下したことと、景気減速により投資家が慎重な姿勢をとったことが要因。

中国の投資家の目がブルゴーニュに向いたことなどで、シャトー・ラフィット・ロートシールド価格が年初から大きく低下していることが注目される。

2011年中盤から始まったラフィットの価格下落は、2000年や2005年ビンテージを中心にピーク時から25%下落している。買い手は、最高級ボルドーからセカンドクラスに目を転じており、より安価なビンテージや今まで注目されていなかったブルゴーニュやローヌ、カリフォルニア産のワインに触手を伸ばしている。

アッカー・メラル&コンディットの最高経営責任者、ジョン・カポーン氏は、「ボルドー市場は、1~2年前のピークから下落している。今は、安定しているが、ボルドー産ワインは、供給量が多いこともあり、今後はどうなるのか未定だ」と述べた。

2012/06/16

ワイン投資の時期か否か Chicago Tribune : Market plunges! In fine wine

Chicago Tribune : Market plunges! In fine wine

投資の秘訣は、安値で購入して高値で売り抜けることにあるが、前年比で25~40%下落している高級ワインは、果たして絶好の投資機会なのか否か。

エコノミストのロビン・ゴールドスタイン氏は、「まだバブルの影響は残っていると考えている。まだ、価格には下落余地があると考えている」と述べた。

高級ワインのようなオルタナティブ投資は、株式や債券ファンドよりも高いリターンが期待できるとの見方が一部にはある。調査によれば、S&P500指数を上回る成績を収めているワインは、長期的にみた場合には限られているが、優良ワインはボラティリティが高いのは事実だ。

専門家や有識者による分析では、ワイン投資を金(ゴールド)と同様に扱うべきだと推奨している。唯一、金投資と異なる点は、ワインの売買は、金ほど容易ではない。こうした専門家によれば、ワイン投資は、ポートフォリオの5~10%以内に収めるべきだとしている。

ワイン投資には、少なくとも、あと2つのポイントを考慮すべきだ。長期的な観点からすれば、ミニマム(最低)投資額は、3ケース(投資対象となりえるボルドー・クラスのワインでは概ね3万ドル)必要だと言える。

個人で飲むことを前提としないミューチュアルファンド形式のワインファンドの最低投資額は、1万ポンド(1万5525ドル)から10万ユーロ(12万6400ドル)と幅広い。

Liv-ex 100指数によれば、2009年から2010年にかけてワイン価格は急騰、しかし、昨年中に価格は頭打ちとなった様相だ。たとえば、伝説とも言える1982年ビンテージ、シャトー・ラフィット・ロートシールド1ケースは、2011年5月のアッカー・メラル&コンディットのオークションでは6万4000ドルで落札されたが、先月には39%安となる3万9900ドルだった。

今シーズンのプリムールは、平均で前年よりも40%安となっている。

投資対象となるワインでは、ワイン・インベストメント・ファンドの投資マネージャー、ウィリアム・グレイ氏は、「ボルドーの最高品質物に注力すべきだ」としている。

2012/06/15

Liv-ex Cellar Watch


Indices
Level 31/05
MOM
YTD
1yr
5yr
322
-4.9%
-3.7%
-26.6%
43.2%
278
-4.0%
-2.8%
-22.5%
19.6%
256
-2.6%
-2.3%
-12.9%
46.6%
289
-4.2%
-3.9%
-20.8%
36.5%
FTSE 100
5,321
-7.3%
-4.5%
-11.2%
-19.6%
S&P 500
1,310
-6.3%
4.1%
-2.6%
-14.4%
Gold
1,014
-1.0%
0.6%
8.6%
203.6%

2012/06/07

ボルドーワイン アジアの需要 WJ : Asia's Thirst for Top Wines Dries

WJ : Asia's Thirst for Top Wines Dries

毎年春には、ボルドー産ワインは、プリムールという形で瓶詰めの2年も前に販売されるのが常だ。ここ2年の間は、特にアジア勢の高い需要に支えられ、プリムール販売は好調で、5年前にはわずか5%を占めるに過ぎなったアジア人は、今では40%にまで増加したという。

しかし、2011年ビンテージの需要は、大きく減退している。

ベイリー・ブラザーズ&ルッドは、今年のプリムールでの販売額を1500万ポンドと見込んでいる。2年前(2009年ビンテージ)の実績は、1億500万ポンド、2010年ビンテージは6700万ポンドを売り上げた。

ロンドンと香港に拠点を構えるファー・ビンナーズは、今年のプリムール販売実績を300万ポンド以下であるとし、2年前の2200万ポンドから大きく低下しているとした。

プリムール販売量の減少は、一部は、ワインの質(出来)による。2009年ビンテージは、ロバート・パーカー氏などが今世紀最高のビンテージとの評価を与えたほど素晴らしく、2010年も好評だった。これと比較して、2011年ビンテージは、そこそこの評価を獲得しているに過ぎない。

<MEMO>
   

2012/06/04

香港のワインオークション すべて落札 Art Info : Hong Kong Auctions Showed Strength for Wine and...

Art Info : Hong Kong Auctions Showed Strength for Wine and...

5月最終週に香港で開催されたクリスティーズのオークションでは、出展されたワインすべてが落札された。

ボルドーの最高級クラスが好調で、最近では、アジアでブルゴーニュの人気を押し上げることにつながり、今回のオークションの落札総額は、2029万香港ドルに達した。最高落札価格は、2005から2008年のペトリュウス(4ビンテージ連続の6リットル・セット)で、事前予想の最高水準である70万香港ドルを超える78万香港ドル。

5月25/26日に開催されたアッカー・メラル&コンディットのボルドー主体のオークションも総額7000万香港ドルと好調で、1947年ビンテージのシェバル・ブラン(1ケース)は148万香港ドル、単一オーナーから出展された1905年から1985年ビンテージのシャトー・ラトゥールが15種類の世界記録を樹立、特に1945年ビンテージは93万4800香港ドルと、事前予想の3倍近い落札額となった。

2012/05/21

Stock VS Wine


PerformanceValue3m12m
Cellar398,260-1.5%-13.7%
Liv-ex Fine Wine 100289.92-0.1%-19.2%
Liv-ex 500265.13-0.5%-5.5%
FTSE 1005,268-8%-12.5%
S&P 5001,295-1.5%-2.6%
Nikkei 2258,611-1.8%-10.4%

2012/05/04

ワインと他の資産との比較

この1年は株式市場の上昇から、高級ワインは株式を下回る成績でしたが、長期で見ると他の資産よりも合うとパフォームしています。





2012/04/21

2011年プリムール価格 Indian Wine Academy : Bordeaux 2011: En Primeur Wine ‘Sale’ is on

Indian Wine Academy : Bordeaux 2011: En Primeur Wine ‘Sale’ is on

3月最終週から4月第1週にかけて、世界各国から6000人以上のワインの専門家がプリムール・ワインのテースティングを行ったが、概ね価格は、昨年から30%低い水準になるとの見方が主流だ。

通常では比較的購入が用意な65ユーロクラスのセカンド・ワインは、著名な批評家、ロバート・パーカー氏が推奨したことで、特に2009年ビンテージのコス・デストゥールネルやサンテステフといったスーパー・セカンドのワインは、一瞬にして約230%上昇し210ユーロを付けた。

ここ数年間、積極的に購入していた中国人の勢いが減退すると予想されることで、シャトー・ラフィット・ロートシルトは、価格を350ユーロ(セラー価格)に引き下げている。これは、ワイン業者向けでは420ユーロ程度となる。業者は現在、どれだけの量が売り出されるのか、詳細を待っている状態。業者は概ね、今回の価格引き下げを歓迎しており、ほかのセラーも同様に前年からの価格下落を見込んでいる。

理論的には、シャトー・ムートンも、同水準の350ユーロでプリムール価格を設定するはずだが、オーブリオン、マルゴーやライトバンクのAクラスワイン、セントエミリオンのシュバル・ブランなどは、この30%安の水準にまで引き下げない可能性がある。

2012/04/19

Cos d'Estournel release 45% down on 2010

Decanter .com: Cos d'Estournel release 45% down on 2010

コスのプリムール価格は、1本 €108 でリリースを発表。昨年より45%ダウン

セカンドワイン価格の動向 Liv-ex: Liv-ex Bordeaux 500

Liv-ex: Liv-ex Bordeaux 500

1stの高級ワイン指数 Liv-ex100 より、セカンド以下のワイン価格を反映する Liv-ex Bordeaux 500 指数の上昇が目立ちます。


2012/04/18

2011年プリムール価格 WINE SPECTATOR : Château Lafite Rothschild Releases Its 2011 Price

WINE SPECTATOR : Château Lafite Rothschild Releases Its 2011 Price


シャトー・ラフィット・ロートシルトは、ワイン専門業者や小売勢からの早期のプリムール開始に応える形で2011年プリムール価格を発表し、ほかのボルドーメーカーも追随している。ポイヤックは、2011年ビンテージを350ユーロ(セラー価格)とし、前年比で約30%減とした。


サンテステフのシャトー・コスデストゥーネルやポメロ―のシャトー・ガザンも、それぞれ同50%と12%引き下げている。今年のプリムールは、価格が下落することは明らかだが、下げ幅は、それぞれのシャトーによる。


ラフィットがセラー価格を引き下げたことについて、一部では歓迎する声もあるが、他方、50%程度の引き下げを望んでいた向きには、依然として高水準であると批判している。


<MEMO>


Liv-ex 2011プリムール価格
Rober Paker 2011



2012/04/15

Liv-ex Cellar Watch


Indices
Level 31/03
MOM
YTD
1yr
5yr
345
0.1%
3.1%
-21.9%
88.3%
294
0.0%
2.5%
-18.2%
53.6%
278
-0.8%
0.6%
-7.6%
67.4%
305
-0.1%
1.3%
-16.0%
68.4%
FTSE 100
5,768
-1.8%
3.5%
-2.4%
-8.6%
S&P 500
1,408
3.1%
11.9%
6.2%
-0.9%
Gold
1,044
-2.6%
3.6%
16.5%
208.9%

2012/04/05

11年 ボルドー 白 WSJ:Will Bordeaux 2011 Be Remembered for Whites?

WSJ:Will Bordeaux 2011 Be Remembered for Whites? 

2011年ビンテージのボルドーの白ワインは、大きな評価が寄せられている。

シャトー・マルゴーのマネージング・ディレクター、ポール・ポンタリエール氏は、自身のワイナリーの2011年パビリオン・ブランについて、これまでで最高傑作の一つだとしている。シャトー・オーブリオンのラ・メゾン・オーブリオン・ブランの出来栄えも優れているという。

グラーブ地方のラ・ルーヴィエール、カルボーニュ、ドメーヌ・ド・シュバリエなどは、新鮮味、伝統と深みがある。

ソーテルヌは、甘味のあるゴールド・ワインとして知られているが、2011年ビンテージへの注目が集まっている。

2012/04/03

香港ワインオークション Spectrum Wine's Spring 2012 Auction Sets New Records in Hong Kong

Spectrum Wine's Spring 2012 Auction Sets New Records in Hong Kong 

米ワイン業者、スペクトラム・ワイン・オークションが香港で3月23日と24日に開催したオークションで1539ロットが落札、総額4495万5664米ドル(3億4841万1396香港ドル)と、同社としては記録的な水準となったという。



The Spring 2012 Auction Highlights:
  • Lot 1812: 12 bottles of J.F. Mugnier Musigny 2005 at US$41,825HK$324,771 (estimateUS$25,000HK$200,000)
  • Lot 1211: 12 bottles of Rousseau Chambertin 2005 at US$23,900HK$185,583 (estimateUS$14,000HK$110,000)
  • Lot 1783: 12 bottles of Domaine de la Romanee-Conti Richebourg 1996 in original wooden case at US$19,120HK$148,464 (estimate US$12,000HK$93,000)
  • Lot 479: six magnums (1.5L) of Chateau d'Yquem 2001 Ex-Chateau, direct release from Chateau d'Yquem at US$10,755.00HK$124,420 (estimate US$6,500HK$50,000)
  • Lot 1210: four bottles of Rousseau Chambertin 2005 at US$9,560.00HK$74,233 (estimateUS$4,500HK$34,000)
  • Lot 160: three bottles of Gentaz Dervieux Cote-Rotie Cote Brune Cuvee Reservee 1989 atUS$4,780HK$37,117 (estimate US$1,000HK$7,750)
  • Lot 1834: three bottles of J.F. Mugnier Chambolle Musigny Les Amoureuses 2005 at US$4,481;HK$34,794 (estimate US$2,750HK$21,000)
  • Lot 404: two magnums (1.5L) of Antinori Solaia 1997 in original wooden case, direct from the cellars of Solaia at $2,151HK$16,702 (estimate US$1,200HK$9,300)
  • Lot 369: one magnum (1.5L) of Dal Forno Amarone 1990 at more than twice the estimateUS$1,434HK$11,135 (estimate US$500HK$3,900)
Total hammer:  US$3,762,062 (HK$29,155,981)
Total aggregate: US$4,495,664 (HK$34,841,396)
Percent sold by lot: 86% sold (1539 out of 1800 lots)

香港 ワインオークション回復の兆し Bloomberg : Romanee-Conti Tops $8.2 Million Sellout Auction

Bloomberg : Romanee-Conti Tops $8.2 Million Sellout Auction

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティやシャトー・ラフィットやシャトー・ラフィットのマグナム・ボトルの人気に支えられ香港のオークションが成功、景気が減速するなかでオークション不調懸念が払拭された形となった。

サザビーズのオークションでは、落札総額が820万米ドル(63640万香港ドル、手数料を含む)、事前予想の5730万香港ドルを上回った。そのなかでも、ロマネ・コンティは、最高価格を記録した。

香港のコレクター、エイミー・ハン氏は、「突然、価格が上昇したのが今回のオークションだ。今年の世界経済の人々の見方を示す一つの例だろう。つまり、極めて楽観的に見ているということだ」と述べた。

2012/02/17

今年のボルドー・プリムール Decanter.com : En primeur credibility 'damaged': survey

Decanter.com : En primeur credibility 'damaged': survey

ウェルスモニターとオンライン版のワイン・イールズがまとめた「ファイン・マーケット・アウトルック2012」によれば、最近のワイン価格の下落の要因として、昨年のボルドー・プリムール価格が急騰したことを理由として挙げている。

2009年のプリムールは、かなり高水準にまで上昇していたが、2010年の一部は、そこからさらに40%も高い水準でオファーされていた。

この調査は世界120のワイン専門家を対象に実施した聞き取りをもとに作成したものだが、回答者は全員、2011年プリムール価格は前年から下げるべきだと回答している。下げ幅について欧州勢は20%、アジア勢は10%が妥当だとしている。

マレーシアのあるワイン業者は、「(ボルドーのプリムールが)今年も過剰に設定されるようであれば、(アジアでワイン)ブームが再来することはない」と述べた。

全体として回答者の70%は、プリムールの価格設定に疑問を呈しており、50%は2010年のプリムール価格設定と販売方法がボルドー・ワインのセンチメントに悪影響を及ぼしたと応えている。

こうした不信が残っているものの、ワイン・イールドの発行人、ジャクソン・テイラーは、ボルドーが依然として投資家や収集家にとってもっとも注目しているワインであることには変わりがないと明言している。

そのうえで同氏は、「多くの問題が残っており、多くのワイン業者は(昨年のプリムールのやり方が)ボルドーの評判を落としたとの見方で一致しているが、それだけ多くの疑問を寄せても、やはりボルドーがワイン市場を主導する立場にある」とした。

同氏は、「ボルドーへの支持は揺らいできている。2011年(プリムール・キャンペーン)は、注意深く対応する必要がある」と述べた。