2012/01/21

10年のブルゴーニュ 予想以上に良好な出来 FT: Specialists put out their judgment on the 2010 vintage

FT: Specialists put out their judgment on the 2010 vintage

ワイン商業生産の元祖とも言われるジュブレイ・シャンベルタン村のドメーヌ・アルマン・ ルソー当主、エリック・ルソー氏は、決して大げさなもの言いをするタイプではない。多くのワイン専門家は、2010年ビンテージのブルゴーニュが予想以上に素晴らしい出来栄えだと評価しており、特に、英国のワイン業者は積極的に同ビンテージのプリムールを薦めている。

ルソー氏は、ぶどうの収穫時には素晴らしいビンテージが出来上がるとの確信はまったく持てなかったことを人止めた上で、「発酵を確認してから初めて、素晴らしいビンテージになると確信した」と述べた。

ドメーヌ・トープノ・メルムのロメイン・トープノ氏は、「2010年9月中旬時点では、緻密で濃厚なワインを作り出せるとは想像もできなかった」とした。

ワイン生産地帯、コートドールの反対側でワインを造るジーン・マーク・ルーロ氏は、「春と比較すると、2010年ビンテージは、格段上がった」と述べた。同氏のワイナリーでは、プレミアクリュー・クラスのムルソーを生産している。

2012/01/18

中国勢、ラフィットに替わりブルゴーニュに注目 FT:Asian wine buyers head to Burgundy

FT:Asian wine buyers head to Burgundy

ボルドーのワイナリー関係者は、前週末(14・15日)の香港でのオークション結果にはがっかりとさせられたが、ブルゴーニュが人気を集め、昨年までの「ラフィット」のような注目を集める存在になっている。

このオークションでは、超有名な1996年シャトー・ラフィット・ロートシールド(1ケース)が落札されずに終了した。2009年と2010年には、ラフィットのラベルさえ貼ってあれば、どのビンテージでも中国人が殺到していた時期と比較すると、かなり異なっている。ラフィットが漢字の8をデザインしたラベルを使用したこともあり、2010年終盤には、2008年ビンテージのラフィット1ケースは1万4500ポンド(約173万)を記録した。

ファイン+レア・ワインズのマーケティング責任者、サイモン・デイビス氏は、「競うためだけに手をつけていたのではなく、価値を考えて購入していたため、ボルドーのオークションは今後も厳しい状況が続くだろう。新規に開拓されたアジア・ワイン市場の第1幕の終了だ。これまで積極的に物色していた収集家も厳しく選択することになるため、ハイエンドのボルドー・ワイン価格は、今年上半期に落ち着きどころを探る展開となる。



ワイン市場は、依然として流動性が高いわけでなく、発展市場だ。過去3年間は、歴史的な量のワインが歴史的な価格水準で取引された。これが意味することは、収集家は、自分のセラーの中にあるワインのん分散化を図る時期にあるということだ」と述べた。

2012/01/13

12年のワイン価格の見通し The Royal Gazette online : Wine fund predicts double-digit rise in 2012

The Royal Gazette online : Wine fund predicts double-digit rise in 2012

ワイン・インベストメント・ファンドは、2012年のLiv-ex100指数が前年比で10%上昇するとの見方を明らかにした。

2011年に優良ワイン価格は約15%下落している。2008年以降、昨年までは高級ワイン価格は76%上昇しており、欧州経済が不透明ななかで、一部のワイン保有者や投資家は利益を確保し現金化したものとみられている。

しかしながら長期的には、依然として高級ワインの投資状況は健全であり、過去5年でみた場合でも、FTSE100指数の上昇率がわずか0.9%にとどまっているのに対し、高級ワインは66%となっている。

過去25年間で、ワイン市場が弱気になったことは1998年と2008年の2回しかなく、その2度の下落の直後の年には回復している。

テクニカル分析では、ワインは売られ過ぎの状態にあり、ワイン・インベストメント・ファンドは、この下げを受けて2009年1月以来の買い場が到来したとしている。

2012/01/12

年初のLIv-ex50 指数動向 DITTON WINE TRADERS : liv-ex fine wine 50 makes gains in 2012

DITTON WINE TRADERS : liv-ex fine wine 50 makes gains in 2012

Liv-exファイン・ワイン50指数は、年初から好調で第1週の取引では0.97%上昇した。ここ数カ月は価格が連続して下落していたが、50指数は、一部のビンテージが好調で引き上げられた形となった。

好調だったのは、2002年と2007年ラトゥールで、それぞれ13.57と11.28ポイント上昇している。2002年オーブリオン、2001年ムートン・ロートシールド、2007年ラフィット・ロートシールドも5~8.18%上昇している。

逆にマルゴーは軟調、先週の下落5ビンテージの一つで、特に2001年は6.67%下げている。2000年ラフィットも4.4%と下げが目立つ。