2012/06/16

ワイン投資の時期か否か Chicago Tribune : Market plunges! In fine wine

Chicago Tribune : Market plunges! In fine wine

投資の秘訣は、安値で購入して高値で売り抜けることにあるが、前年比で25~40%下落している高級ワインは、果たして絶好の投資機会なのか否か。

エコノミストのロビン・ゴールドスタイン氏は、「まだバブルの影響は残っていると考えている。まだ、価格には下落余地があると考えている」と述べた。

高級ワインのようなオルタナティブ投資は、株式や債券ファンドよりも高いリターンが期待できるとの見方が一部にはある。調査によれば、S&P500指数を上回る成績を収めているワインは、長期的にみた場合には限られているが、優良ワインはボラティリティが高いのは事実だ。

専門家や有識者による分析では、ワイン投資を金(ゴールド)と同様に扱うべきだと推奨している。唯一、金投資と異なる点は、ワインの売買は、金ほど容易ではない。こうした専門家によれば、ワイン投資は、ポートフォリオの5~10%以内に収めるべきだとしている。

ワイン投資には、少なくとも、あと2つのポイントを考慮すべきだ。長期的な観点からすれば、ミニマム(最低)投資額は、3ケース(投資対象となりえるボルドー・クラスのワインでは概ね3万ドル)必要だと言える。

個人で飲むことを前提としないミューチュアルファンド形式のワインファンドの最低投資額は、1万ポンド(1万5525ドル)から10万ユーロ(12万6400ドル)と幅広い。

Liv-ex 100指数によれば、2009年から2010年にかけてワイン価格は急騰、しかし、昨年中に価格は頭打ちとなった様相だ。たとえば、伝説とも言える1982年ビンテージ、シャトー・ラフィット・ロートシールド1ケースは、2011年5月のアッカー・メラル&コンディットのオークションでは6万4000ドルで落札されたが、先月には39%安となる3万9900ドルだった。

今シーズンのプリムールは、平均で前年よりも40%安となっている。

投資対象となるワインでは、ワイン・インベストメント・ファンドの投資マネージャー、ウィリアム・グレイ氏は、「ボルドーの最高品質物に注力すべきだ」としている。

2012/06/15

Liv-ex Cellar Watch


Indices
Level 31/05
MOM
YTD
1yr
5yr
322
-4.9%
-3.7%
-26.6%
43.2%
278
-4.0%
-2.8%
-22.5%
19.6%
256
-2.6%
-2.3%
-12.9%
46.6%
289
-4.2%
-3.9%
-20.8%
36.5%
FTSE 100
5,321
-7.3%
-4.5%
-11.2%
-19.6%
S&P 500
1,310
-6.3%
4.1%
-2.6%
-14.4%
Gold
1,014
-1.0%
0.6%
8.6%
203.6%

2012/06/07

ボルドーワイン アジアの需要 WJ : Asia's Thirst for Top Wines Dries

WJ : Asia's Thirst for Top Wines Dries

毎年春には、ボルドー産ワインは、プリムールという形で瓶詰めの2年も前に販売されるのが常だ。ここ2年の間は、特にアジア勢の高い需要に支えられ、プリムール販売は好調で、5年前にはわずか5%を占めるに過ぎなったアジア人は、今では40%にまで増加したという。

しかし、2011年ビンテージの需要は、大きく減退している。

ベイリー・ブラザーズ&ルッドは、今年のプリムールでの販売額を1500万ポンドと見込んでいる。2年前(2009年ビンテージ)の実績は、1億500万ポンド、2010年ビンテージは6700万ポンドを売り上げた。

ロンドンと香港に拠点を構えるファー・ビンナーズは、今年のプリムール販売実績を300万ポンド以下であるとし、2年前の2200万ポンドから大きく低下しているとした。

プリムール販売量の減少は、一部は、ワインの質(出来)による。2009年ビンテージは、ロバート・パーカー氏などが今世紀最高のビンテージとの評価を与えたほど素晴らしく、2010年も好評だった。これと比較して、2011年ビンテージは、そこそこの評価を獲得しているに過ぎない。

<MEMO>
   

2012/06/04

香港のワインオークション すべて落札 Art Info : Hong Kong Auctions Showed Strength for Wine and...

Art Info : Hong Kong Auctions Showed Strength for Wine and...

5月最終週に香港で開催されたクリスティーズのオークションでは、出展されたワインすべてが落札された。

ボルドーの最高級クラスが好調で、最近では、アジアでブルゴーニュの人気を押し上げることにつながり、今回のオークションの落札総額は、2029万香港ドルに達した。最高落札価格は、2005から2008年のペトリュウス(4ビンテージ連続の6リットル・セット)で、事前予想の最高水準である70万香港ドルを超える78万香港ドル。

5月25/26日に開催されたアッカー・メラル&コンディットのボルドー主体のオークションも総額7000万香港ドルと好調で、1947年ビンテージのシェバル・ブラン(1ケース)は148万香港ドル、単一オーナーから出展された1905年から1985年ビンテージのシャトー・ラトゥールが15種類の世界記録を樹立、特に1945年ビンテージは93万4800香港ドルと、事前予想の3倍近い落札額となった。